haruと酒と時々二日酔い

お酒と健康(?)について書いてるブログです。

ビールの起源①

皆さんはビールの起源については御存知ですか?

 

ちなみに私はさっぱりです。

 

前々からビールを飲みながら「これを最初に作った人は天才だな〜(゚∀゚)」とは思っていましたが(笑)

 

 

今回はそんなビールの起源についてまとめてみました。

 

1.ビールの起源

 

紀元前3000年頃、つまり約5000年前から製造されていたという記録が残っているそうです。

 

いやいや5000年前って…中華4000年の歴史よりも更に古いんですね(笑)ビックリです。

 

そして最初に製造した人達は誰かというと

 

シュメール人

 

シュメール人は紀元前7000年前、定住農耕を初めて行い、かの有名なメソポタミア文化を築いた人類と言われています。

この民族はどこから来たのか未だ謎に包まれており、宇宙人説もあるそうです。

天文学はじめ、様々なものを発達させたといわれています。

 

ここで主に栽培されていたものが、大麦小麦だそうです。

 

しかし、現代のような知識や技術がない状態で如何にしてビールが誕生したのでしょうか?

 

 

2.古代のビール製造方法

 

(ここからは長くなりそうなのでザックリいきます)

 

①栽培した麦でパンを作って食べていた。

②そのパンをそのまま食べたりお粥にして食べていた。

③お粥にしていたパンが暫くして発酵した。

④飲んで(食べて)みた。

⑤なんだこれは!美味しい!そしてなんか楽しくなってきた!(゚∀゚)♪

 

かな~りザックリですが、こんな感じだそうです。

 

この他にも諸説ありますが、様々な偶然が重なり、失敗を繰り返し、経験を重ねて、飲めるものにまで進化させたものが今のビールの起源とされているそうです。

 

この頃のビール(?)はまだ現代のものとは違うものみたいですね。

 

 

しかしながら、私には発酵したものを最初に口に入れる勇気はありません(;ω;)

 改めて古代の人々の偉大さを感じます。

1度体験してみたい気持ちもありますが・・・

 

ちなみにここまでの記録は

モニュマンブルー(醸造の記念碑)

と呼ばれる粘土板に記録されているそうです。

 

当時のビールはシカルと呼ばれ、神様のお供え物やお金として扱われたり、薬草などを入れて薬にしたりと様々な用途で使用されていたとされています。

今でいうエナジードリンクとしても重宝されていたとは

恐るべし古代のビール!

 

現代においても私にとってはエナジードリンクと言えますが(笑)

 

 

3.まとめ

 

ビールの歴史5000年

この頃から人々はお酒を飲み始めていたと考えるとロマンがありますね。

 

ここからビールの歴史は始まり、世界へと広まっていきます。

 

その辺の話はまた次回していきたいと思います。

 

 

こんな感じでゆる~く書いていきます。

足りない情報も多々あるかと思いますが、追加情報があれば逐一更新していきます。

 

 

今日はこの辺で。