haruと酒と時々二日酔い

お酒と健康(?)について書いてるブログです。

ビールの起源③

こんにちは!haruです!

 

更新しようと記事を書いていた矢先、家庭内で大事件が起き、更新が大幅に遅れてしまいました。

今後は切り替えて更新スピードを上げて行きたいと思います。

 

いやーしかし、精神的に追い詰められた時やストレス発散にはお酒は絶大な力を発揮しますね!(個人差はかなりあると思いますが笑)

 

私はそんな時はお酒をガブガブ飲むよりは美味しいと思えるお酒を美味しい物一緒に飲むようにしてます。

(結果的に沢山飲んでるのは内緒です…笑)

これも私だけかもしれませんが、美味しいお酒を楽しんだ次の日は体に残りません笑

 

元々かなりメンタルが弱く、今回は精神的にかなり追い詰められましたが、そんなことをしながらストレス発散して少しずつ気持ちを切り替えて頑張っていこうと思っています。

 

 

 

 

そんなこんなで今回も前回の続きでビールの起源エジプト編です!

 

1.古代エジプトビール

古代エジプトでは紀元前2000年頃よりビール作りが盛んに行われていました。

ピラミッド内部の壁画にも作成方法が描かれており、シュメール人と同じ製法で作られていたとされています。

この頃作られていたビールは発酵したパンを使用し、薬草を入れ味付けをしていました。現在のビールで使用されているホップはまだ使われてはいなかったそうです。

アルコール度数も今よりも若干高く(8〜10%と言われています)、醸造所は各地にありましたが、一般の家庭でもビールが作られていました。

この時に使用された薬草はビールの前菜としても楽しまれていたそうです。

ビールのお供的なものだったのでしょうか(*´Д`*)

 

そしてそしてなんとピラミッド建設の報酬にもビールが支払われたそうで

ビールがピラミッドを作った

とも言われています。

報酬にビールってのもかなり斬新ですね笑

私は嬉しいですが笑

 

その頃のエジプトでもビールは一種の栄養ドリンクとして重宝されてたのですね(^ ^)

 

ちなみに各家庭でもビールを作っていたそうですが、各家庭や報酬として支払われるビールにも味の違いがあったのでしょうか??

 

(ここまでの内容を書いていたらちょうどTVで同様の内容を放送していました(´;ω;`)なぜこんな同時期に(;´д`))

 

アルコール度数は今のビールに比べると高いと前述しましたが、この頃も酔っ払いには手を焼いていており

エジプトのアニの教訓というものにも記述があり、

飲みすぎるな、口は災いの元、飲みすぎたら友人にも外に放り出されるぞ!的な内容が書いてあるそうです。

 

んー、今と変わりないような感じがしますね笑

私はまだそんな経験はありませんが…肝に命じておきます(゚ω゚)

 

今回はかなりさらっとでしたが、エジプト編はこの辺にします。

次回からはガンガン進めて行きたいと思います!

 

ではまた!( ´ ▽ ` )ノ